総量規制対象外だからこそ注意したい点

キャッシングは、貸金業者の商品になると総量規制の対象になります。逆に貸金業者以外は、規制の対象外です。ですから規制に引っ掛かるキャッシングでは、どう頑張っても年収の三分の一以下の借り入れしかできません。それが基本原則です。

しかし、「自分はもっと多くの借り入れがしたい」と感じる消費者は少なくありません。だからこそ多くの消費者は、銀行系などの総量規制対象外の商品やサービスを求めたり探したりするのです。

でも、ものは考えようです。総量規制は別に忌み嫌うべき悪法ではありません。それどころか、消費者の為になることだってあるのです。たとえばその規制には、消費者の借り過ぎを防止してくれる一定の効果があります。ですからキャッシングで借り過ぎに注意したいと思うような人は、敢えて総量規制の対象となる商品を選んだほうが良いくらいです。

ところで総量規制対象外のキャッシングは、対象外だからといって誰でも絶対に年収の三分の一を超える借り入れができるわけではありません。実際の利用枠は審査の結果決まるのです。ですから申し込んでも審査結果によっては、希望通りの金額は借りられないこともあるのです。その点は注意が必要です。

キャッシングとは結局、自分の身の丈に合った枠しか利用できないようになっていると考えて間違いないでしょう。