避けては通れない「在籍確認」

初めてカードローンを申し込む際に、必須条件となるのが「在籍確認」。

学生や主婦の方は例外ですが、社会人であればローン会社から勤務先に連絡が入り、

申告した就業状態に間違いがないかを確かめられます。

疑似申告も多くなっている現状では、「在籍確認」は本人確認をする上で最も重要な項目の1つであるのは間違いありません。

しかし、最近はフルタイムアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働く場合も多くなってきています。

むしろ、収入が不安定な分、このような非正規雇用の方々が積極的にカードローンに申し込まれているよう。

アルバイトは非正規といっても勤務先が1つなので在籍確認は簡単に済みますが、これが派遣社員になると、少しややこしいのです。

通常であれば、

・ローン会社→勤務先→在籍確認

となるところが、派遣社員の場合は

・ローン会社→派遣会社(派遣元)→在籍確認

となります。

その為、派遣先企業に連絡が行くと困る…と不安がられる方も多いようですが、

電話やメールフォームでの申し込みの際、「就業先企業情報」の箇所に

派遣会社の情報を入力しておけば、よほどの事がない限り派遣先企業に連絡が行くということはまずありません。

ほとんどの派遣会社では在籍確認の手順がマニュアル化されているので、

事前に電話で「クレジットカードに申し込むので在籍確認対応お願いします」とお願いしておけば、ほとんどの派遣会社では快く了承してもらえるはずです。

ここでわざわざ「カードローンに申し込むので…」と正直に言わなくても大丈夫。

その際、何日の何時ごろ、と正確な日付や時間が分かるようであれば、合わせて伝えておくのも忘れないようにしましょうね。