おまとめローンが総量規制の例外になる理由

おまとめローンは複数の金融業者からの借入を一本化する金融商品ですが、おまとめローンは通常では貸金業者に適用される総量規制については、総量規制の例外として総量規制の規制額以上の借入をすることが出来ます。

これは、おまとめローンが新規の借入ではなく、おまとめローンを利用することによって、利用者が一方的に利益を得ることができるということから総量規制の例外として認められているのです。

あまり例はないと思われますが、おまとめローンであっても利用者に一方的に有利にならないようなローンは総量規制の例外とはならないと考えていいでしょう。

まあ、今までよりも条件のわるいローン商品に乗り換えることはほぼありえないでしょうが。

おまとめローンが有効な場合

基本的におまとめローンで得をするのであればやってみたほうがよいでしょう。
どんな利点があるのか、といいますと金利が安くなる、というメリットがあります。ちなみにやれば絶対にお得である、というわけではないです。
あくまで自分で比較して、金利が安くなる、ということが判明しているのであればこれは十分にメリットがある行為になります。

おまとめローンとは、どこでもやっているわけではないです。
また、そうした金融サービスがあるところに依頼する、ということもありますし、自分で纏めてしまう手もあります。
要するに業者側から借りるときに一つに纏める予定です、というだけでよい時もあるわけです。基本的に金利が安くなればやる価値はあります。