お金に困っていたときは助かりました

短大卒業後、研究生として一年間老人ホームで月5万円の給料で働いていました。
実家暮らしだったので住むところ、食事には困りませんでしたが、二十歳をすぎていてやりたいこともたくさんありました。

副業は禁止だったのでいつの間にか手持ちのお金が足りなくなっていました。
大人なので親にお金が足りないなんて言い出すこともできず、どうしようか悩んだ結果、キャッシングに手を出してしまいました。

プロミスの無人の契約機で契約したのであっという間にお金(10万円)を借りることができました。
親にバレないかドキドキしながら、給料が出たら、少しずつ返して、足りなくなったらまた借りてという悪循環でした。
研究生の契約が終わり、就職して給料が出たら全て返すことができました。

あのときはキャッシングを利用するのは仕方なかったと思いますが罪悪感がすごかったのでもう利用したくありません。