消費者金融はすぐ返せる人には持ってこいなのですが。

25年程前に消費者金融に勤めていました。今や大手銀行のグループにはいり東証一部になった様です。私が勤め始めた時はなかった、今はあるのが当たり前の様になっている無人契約機が在職中にではじめた頃です。ですので契約と言うと専ら店頭でした。

中には郵送の契約もありましたが問い合わせの電話を受けて名前と生年月日を聞いて簡単な審査をして大丈夫そうだとワクを伝えて書類を送る。記入して、送り返してもらい再度審査しカードを送るか銀行振込。という流れなので手間も時間もかかり受けたくない作業でした。

何よりも電話で申し込んでもらってすぐに情報センターに問い合わせると他社の借入や、クレジットカードの借入、事故、延滞がなく健全なお客様と思い大きなワクをつけると、書類をやり取りしている何日かのうちに多債務者に変わっている時があるからです。書類が届いて再度審査するともはや融資出来ない状況になっていてその旨を伝えると大体トラブルになります。審査と言うのは情報センターに名前と生年月日を送るとその時点の他社の借り入れ状況がわかります。

まずそこで融資しても回収できるか判断します。次に仕事内容です。収入が多く安定している会社に長く勤めている方。アルバイトを初めて2、3日の学生、旦那の給料しかない専業主婦、色々です。それらを全て審査します。

中には本人ではなく別人の免許証を持ってきて種類に記入する人もいるので記入の仕方をよく見ています。干支が書けなかったり、自分の生年月日なのに免許証を見ながら書いたり、書き方におかしな点がないか見ています。

すんなり審査が通った方にはその場でカードを渡し、きちんとATMでカードが使えるか確かめるためにもATMからキャッシングしていただきます。店頭で現金をお渡しする場合もあります。金利と返済額、返済日、延滞した場合の金利などを説明してお帰りいただきます。

同じ消費者金融でも今ほど厳しくなかった時代ですのであまり名前の知れてない消費者金融の金利は物凄く高い所もありました。申し込みに来店した時は他社の借り入れもなく、2、3日中に全部返すからと言っていた華やかで綺麗な女性もいつの間にか延滞が始まり、調べてみると他社からの借入も延滞も増えていて、これ以上貸付け出来ないと判断し融資を止め返済のみにすると、なぜ借り入れ出来ないんだ、借り入れ出来るようにしてくれと頼みにきます。その姿は記憶していた姿はなくおばあさんの様になっている方もいらっしゃいました。

キャッシングの増額申込み方法について

キャッシングにおいては年齢がいくつからいくつまでとおよそ決まっているはずです。そのフィールドに収まっていないヒトは裁断に出向く前にとっくに借りられないでしょう。どの程の年齢を設定しておくか?というのは、各会社によって異なりますが、最大で70年前というのが多いです。

65年かた69年くらいまでなら貸せるが、それ以上だと、わずかきついという企業も多いのです。では、なぜ65から69年くらいまでに限っているのか?それは各種理由があると思いますが、65年くらいまでなら勤めるヒトは多いですが、それ以上になるとさすがに休養をしていて、年金以外に収入がないという方も同時に広がるはずです。

そうなれば、まだ仕事をしているヒトと比べて、単純に儲けが減りますから、やっぱり商いによる儲けが居残る人のほうが貸し易いという都合もあるのです。そうなると、65年くらいまでならやっとという会社が多いのも頷けます。そして、ちょくちょく69年くらいまで貸してくれる企業もあるものの、どちらかというと65年までという企業のほうが多いかもしれません。お婆さん、最も65年以上のヒトはとにかく儲け実情で若い人たちよりも劣ると見られがちなのではないでしょうか?

キャッシングを利用している人物の中には、適用限度額がしばし多いと益々便利に使えるのにと思っている方も多いと思います。そういった場合はキャッシング企業に増額申込みをするため、利用可能額を増やしてできる場合があります。

増額可能かどうかは、キャッシングの一定の適用があって、滞りなく返還が行われているなどの条件を満たしてある必要があり、その上でキャッシング企業の裁断に受かる必要があります。また、終始適用限度額以下でキャッシングやる場合は増額無益というため裁断に落っこちる場合があるので注意が必要です。増額申し込みはホームページ上の仲間専業ページからwebを利用したり、便宜まん中などに連絡して申込み紙を貰うなど、それぞれのキャッシング会社で異なります。

また、こちらから何より増額申し込みを行わなくても、増額可能の条件を満たしていればキャッシング企業から増額可能の忠告が郵便で近づく場合があります。

この場合もキャッシング企業に増額申込みをした後に審査が行われますが、基本的に増額可能の条件を満たしていらっしゃるお客に訪れるものですので、勤務先や給料などにひっくり返りが無ければ裁断に通り過ぎる確率が高くなっています。

キャッシングの融資枠の把握の大切さ

融資枠があとどれくらい残っているかを調べるのには、キャッシング会社のホームページから、自分のマイページに飛んで確認するというのが、一般的です。

この数字はリアルタイムに更新されていますから、残りはどれくらいで済むのかが分かるという点で、常に見ておくと良いでしょう。

お金が必要な時に、十分な融資枠がなかった時にはかなり困りますので、状況を把握しながら、バランスよくキャッシングを利用することが大切です。

融資枠と一緒に、そのキャッシング会社が何日に引き落としになるのかもカレンダーなどに登録しておくと返済のし忘れを防ぐことができます。

特にキャッシング会社を複数掛け持ちで利用している方の場合には、スケジュール管理をすることが大切です。

正社員になったとたん銀行から融資のゴーサインが出た

自営業として10年以上頑張ってきましたが、その間は一度も銀行から融資を受けたことがありませんでした。
毎年のように融資をしてもらうための審査を申し込んだのですが、その度に落ちてしまったからです。

確かに稼ぎは少なかったですが、返済能力がないわけではありません。希望借入額程度なら、返済計画を立てて完済する自身はありました。

そのときは運が悪かったのだとばかり思っていましたが、自営業を辞めて某企業の正社員として働くようになってからは銀行から融資を受けられるようになりました。
副業に必要な資金を集めるために、100万円が必要だったときのことです。

長年銀行からの融資を断られ続けた私は、恐る恐る審査申し込みをしました。

すると、あれほど私への融資を拒み続けていた銀行から借り入れができるようになったのです。

ちなみに、自営業時代と正社員になってからの稼ぎはほぼ同じで、約300万円ほどです。
今回の審査結果によって、銀行は個人の返済能力だけで融資が可能か否かを判断しているわけではないことが明らかになりました。

たまたま私の地元の銀行がそのような基準を設けていただけかもしれませんが、何となく全国的に同じようなことが起こるように思います。

総量規制対象外だからこそ注意したい点

キャッシングは、貸金業者の商品になると総量規制の対象になります。逆に貸金業者以外は、規制の対象外です。ですから規制に引っ掛かるキャッシングでは、どう頑張っても年収の三分の一以下の借り入れしかできません。それが基本原則です。

しかし、「自分はもっと多くの借り入れがしたい」と感じる消費者は少なくありません。だからこそ多くの消費者は、銀行系などの総量規制対象外の商品やサービスを求めたり探したりするのです。

でも、ものは考えようです。総量規制は別に忌み嫌うべき悪法ではありません。それどころか、消費者の為になることだってあるのです。たとえばその規制には、消費者の借り過ぎを防止してくれる一定の効果があります。ですからキャッシングで借り過ぎに注意したいと思うような人は、敢えて総量規制の対象となる商品を選んだほうが良いくらいです。

ところで総量規制対象外のキャッシングは、対象外だからといって誰でも絶対に年収の三分の一を超える借り入れができるわけではありません。実際の利用枠は審査の結果決まるのです。ですから申し込んでも審査結果によっては、希望通りの金額は借りられないこともあるのです。その点は注意が必要です。

キャッシングとは結局、自分の身の丈に合った枠しか利用できないようになっていると考えて間違いないでしょう。

申し込む前に審査基準を理解しておこう

銀行より消費者金融の方が借り入れ面において、審査基準はゆるく設定されています。ですが消費者金融にも明確な審査基準があり、審査基準を下回ると落とされてしまう場合もあります。

・収入が無いと借りられない

借りるからには返済していく必要があるので、定期的な収入が必要です。収入があれば借りることができますので、正社員である必要がなくパートやアルバイトでも申し込みは可能です。

・他の会社で借り入れ&返済はしているか

他の会社から借り入れをしていても、きちんと返済されていれば問題がありません。ですが、一度に沢山の消費者金融へ審査申し込みをしていた場合には、審査段階で落とされてしまうこともあります。

もし落とされてしまったら、信用情報機関へ登録された申し込み情報が消える5~7ヶ月間待つたのち、申し込みをする必要があります。

・属性が重要

アルバイトやパートでも借り入れはできますが、大きな額が借りることはできません。属性が高い正社員や公務員など、属性が高いほど高額な借り入れができ、持ち家の有無や住居年数、給与金額や勤続年数なども関係してきますので、自分の属性も考えながら申し込みをするようにしましょう。

新入社員はキャッシングの審査に通りづらい?

お金をどうしても借りたいときってありますよね。そういうときにはキャッシングを利用する方も多いと思われますけど、キャッシングは必ず審査があるために、それをクリアしないと、お金は貸してもらえません。

特に会社勤めの人は、正社員であれば、審査に通る可能性もかなり高いのですが、正社員だからといって、審査に通りやすいとは言いづらい人たちもいます。それは新入社員などの若手社員の人たちです。

彼らは、まだ入社して1年目とか、日が浅いですよね。これが非常に重要なのです。入社して1年目の人と10年目の人では、キャッシングの審査においては、後者の方が有利とされています。それは後者の方が信頼が厚いからです。

じゃあ、どうして長く勤めている日の方がより信頼してもらえるのか?というと、それは10年も長く勤めていれば、1つの企業で今後も働き続けるだろうという期待が持てるからです。

逆に1年目の人は、今後も同様にその企業で働いていくか?どうかはこの時点では分からないじゃないですか?結果的に、その後も5年、10年、それ以上と働き続けるかもしれないですし、来年には辞めているかもしれない。そこが信頼を得られづらい理由なので。

仕事を今後も続けていく見込みがもてないと、返済してくれない可能性がありますから。

だから、審査に通らないということではなありませんけど、まだ入社して日が浅い人は、それだけやや審査で不利になりやすいということは知ってそいてください。

避けては通れない「在籍確認」

初めてカードローンを申し込む際に、必須条件となるのが「在籍確認」。

学生や主婦の方は例外ですが、社会人であればローン会社から勤務先に連絡が入り、

申告した就業状態に間違いがないかを確かめられます。

疑似申告も多くなっている現状では、「在籍確認」は本人確認をする上で最も重要な項目の1つであるのは間違いありません。

しかし、最近はフルタイムアルバイトや派遣社員などの非正規雇用で働く場合も多くなってきています。

むしろ、収入が不安定な分、このような非正規雇用の方々が積極的にカードローンに申し込まれているよう。

アルバイトは非正規といっても勤務先が1つなので在籍確認は簡単に済みますが、これが派遣社員になると、少しややこしいのです。

通常であれば、

・ローン会社→勤務先→在籍確認

となるところが、派遣社員の場合は

・ローン会社→派遣会社(派遣元)→在籍確認

となります。

その為、派遣先企業に連絡が行くと困る…と不安がられる方も多いようですが、

電話やメールフォームでの申し込みの際、「就業先企業情報」の箇所に

派遣会社の情報を入力しておけば、よほどの事がない限り派遣先企業に連絡が行くということはまずありません。

ほとんどの派遣会社では在籍確認の手順がマニュアル化されているので、

事前に電話で「クレジットカードに申し込むので在籍確認対応お願いします」とお願いしておけば、ほとんどの派遣会社では快く了承してもらえるはずです。

ここでわざわざ「カードローンに申し込むので…」と正直に言わなくても大丈夫。

その際、何日の何時ごろ、と正確な日付や時間が分かるようであれば、合わせて伝えておくのも忘れないようにしましょうね。